妊娠中の病気やそれに伴う治療はお腹の赤ちゃんにも影響が出ることもあります。もしも妊娠中にインフルエンザに感染してしまった場合はどのように治療していくのが適切なのでしょうか?それらについてや予防法、初期症状などについても紹介します。

多発性硬化症を悪化させるA型インフルエンザ

多発性硬化症の人が、インフルエンザを患ってしまうと、多発性硬化症の病状を大幅に悪化させてしまう可能性があります。特に、毒性が強いA型のインフルエンザの場合は、脳などの神経機能に大幅に悪い影響を与えやすくなっているため、神経系統に大きな障害を与えてしまう可能性があります。そのため、多発性硬化症を患っている人は、しっかりとしたインフルエンザ対策をしなければ、命にかかわるケースが用事やすくなってしまうので、予防接種などをしっかりと行う必要があります。

多発性硬化症は、タミフルなどのインフルエンザ治療薬を服用することによって、予防をしていくことができます。予防接種をインフルエンザが流行する前に受けられなかった人は、タミフルなどの薬を服用することによって、予防を効果的にしていくことができるため、安心することができます。しかし、タミフルなどで予防をし続けると、薬に対する耐性ができてしまうため、医師と相談しながら薬を服用するなどの処置をしていくことが重要になっています。

多発性硬化症は、一度かかってしまうと、何度も発症してしまう可能性が高い病気です。日本では、特定疾患に認定されている指定難病であり、治療がとても難しくなっています。そのため、病状が悪化しないようにするための対処療法が重要になっています。数週間から数ヶ月間疲労、脱力感、筋痛、関節痛なども起こってしまうため、病状が悪化しないような対策をすることが大切になっています。急性の病気の場合には、脳に大きな障害が出てしまうことがあり、感覚障害や眼球障害などの、全身にたくさんの病気を発症する可能性があるため、多発性硬化症を引き起こす可能性があるインフルエンザの予防が重要です。

関連記事