妊娠中の病気やそれに伴う治療はお腹の赤ちゃんにも影響が出ることもあります。もしも妊娠中にインフルエンザに感染してしまった場合はどのように治療していくのが適切なのでしょうか?それらについてや予防法、初期症状などについても紹介します。

インフルエンザワクチンの効果と価格

インフルエンザはシーズンになると全国各地で同時に流行することに特徴があり、集団感染なども起こってしばしば大きな社会的な問題として取り上げられるようになります。
日本全国にわたる広い範囲で同時に同じインフルエンザウイルスによる感染が広まるということが季節性インフルエンザの特性であり、毎年流行するインフルエンザウイルスの型が予想されてワクチンが製造されています。

同じ年には同じ型のインフルエンザウイルスが流行することから、ワクチンを用いて予防接種を行った際にはある地域では効いて、ある地域では効かないということはありません。
しかし、個人差があったり、季節性インフルエンザと同時に別の型のインフルエンザウイルスが登場することもあったりと、必ずしもワクチンを接種したからといって確実に予防できるというわけではないのが事実です。

また、予想が外れてしまった場合には効果をなさないため、ワクチンが有効ではないものと考えて予防を行っていくことが必要になることも留意が必要です。保険適用外となることから価格が高いことが予防接種の問題として考えられてきました。
しかし、三価ワクチンから四価ワクチンへの切り替えによって製造コストの上昇が起こり、その価格が上昇するという事態が発生しています。必然的に予防接種の価格も上昇してしまい、多くの人にとって予防接種が受けづらいものになってしまいました。
しかし、そうであってもインフルエンザ予防の信頼性の高い方法として多くの人が受けるという状況になっています。
価格の上昇があっても信頼できる方法として確立されているのがワクチンの予防接種であり、その確固たる地位は揺らぐことがないのが現状です。

関連記事