妊娠中の病気やそれに伴う治療はお腹の赤ちゃんにも影響が出ることもあります。もしも妊娠中にインフルエンザに感染してしまった場合はどのように治療していくのが適切なのでしょうか?それらについてや予防法、初期症状などについても紹介します。

インフルエンザは市販薬で治るの?

カプセル

インフルエンザに感染してしまった際、治療のためにひとまず市販薬を飲んで対応しようとする人は非常に多いものです。実際それで治ったと言う人もいるため「市販薬でもインフルエンザは治るのではないか」と考えている人も決して少なくは無いことでしょう。
ですがこれについては、症状を抑える効果程度であれば期待できるものの根治についてはほとんど見込めないと言って良いです。
その理由としてはまず、インフルエンザと一般的な風邪薬では想定しているウイルスが違うということが挙げられます。

インフルエンザウイルスに感染したのがインフルエンザであるのに対し、風邪はライノウイルスやアデノウイルスといったさまざまな種類のウイルスに感染することで引き起こされる症状です。
「同じウイルスなら効くはずだ」というのは大きな誤解で、ウイルスが違うと薬による効果がほとんど出てこないことが多いのです。そのため市販薬でインフルエンザを治療すると言うのは非常に困難であると言わざるを得ません。

こう言われても現実に症状が治まっている人がいるのはどうしてだという疑問が出てくるでしょうが、これは市販薬の多くが対症薬としての性質を有していることが関係しています。
頭痛を和らげる、熱を一時的に下げるといった効果がこの対症薬としての効果ですが、この効果が出たことで「頭痛も無いし熱も下がったから治った」という勘違いが生じてしまうのです。またこのことは非常に大きな問題を抱えており、市販薬で症状が治まっても体の中にインフルエンザウイルスがいると感染を拡大させるリスクは残り続けることになります。それで「もう治ったから大丈夫」といって外出すると、周りの人にウイルスをうつして迷惑をかけるわけです。
苦しい時に対症療法として市販薬を飲むことは悪いことではありませんが、インフルエンザは市販薬だけで治そうとするのではなく、しっかりと医師の治療を受けることが大切です。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索