妊娠中の病気やそれに伴う治療はお腹の赤ちゃんにも影響が出ることもあります。もしも妊娠中にインフルエンザに感染してしまった場合はどのように治療していくのが適切なのでしょうか?それらについてや予防法、初期症状などについても紹介します。

インフルエンザの主な感染経路と初期症状

薬

毎年冬になると大流行するのがインフルエンザです。12月後半になると各都道府県に注意報や警報が出るようになります。高齢者や小さな子供は重症化する恐れがあるので気をつけないといけません。
中には死亡するケースもあるので高齢者にとってはとても怖いものです。予防注射を受けることによって感染を防ぐことが期待できたり重症化することを防ぐことができます。

子供や高齢者は予防接種を受けることが望ましいです。高齢者や小さな子供だけでなく若者でも誰でも感染してしまうのがインフルエンザです。身近にインフルエンザに感染している人がいればうつってしまうことがあります。
主な感染経路は飛沫感染です。感染した人がくしゃみや咳をしたときにウイルスが飛び散ってしまいます。それを吸うことによって感染してしまうのです。

また感染者が鼻をすすったりしたときに手にウイルスが付き物を触ったときに付いてしまい、それを他の人が触って鼻や口周辺を触ったときに感染しやすくなります。
ですからうがいや手洗いがとても重要な予防法なのです。インフルエンザの初期症状は一般的な風邪とは違い強烈な症状が出ます。一気に高熱が出るために強烈な寒気が起こります。

それに節々や腰などが痛くなることも特徴です。インフルエンザは上気道感染ですからのどが痛くなります。このような症状が出ればすぐに病院に行きましょう。インフルエンザには特効薬があるので感染しても早く治すことができるようになっています。
早く検査治療することができれば以前よりはるかに軽症ですむことができます。しかしウイルスは体内に残っています。他人に感染させないように学校や仕事を休むかマスクをして迷惑をかけないように心がけましょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索