妊娠中の病気やそれに伴う治療はお腹の赤ちゃんにも影響が出ることもあります。もしも妊娠中にインフルエンザに感染してしまった場合はどのように治療していくのが適切なのでしょうか?それらについてや予防法、初期症状などについても紹介します。

インフルエンザで胎児に影響が

妊娠中の女

妊娠は喜ばしい事ですが、日々の食事や生活などにも気をつけて病気をしないように心がけないといけません。特に冬場になればインフルエンザの感染も広がっていくので、体力や免疫力も落ちている妊婦の方は感染しないように気をつけたいものです。
現段階では胎児への影響はあるという意見とないという意見などいろいろあって混乱するかもしれませんが、母体が健康な方がいいのは当然なのでその点は気をつけておきましょう。インフルエンザには予防接種がありますが、これは妊婦でも利用が可能です。

不活化ワクチンに関しては生ワクチンではないので重篤な副作用も起こらないとされていますので、一般的には妊娠中でも予防接種を受けても問題ないとされています。
それに、インフルエンザにかかってしまった時は薬を処方してもらう事もありますが、よく処方されるタミフルも利用しても問題ないとされているので、48時間以内に一般病院へ診察に行きましょう。
産婦人科で診てもらいたいと思うのは当然の事ですが、他の妊婦さんに感染させてしまう可能性がありますので控えましょう。それでもいつものお医者さんを望む場合には、電話で連絡してからいくといいでしょう。
妊婦の場合はインフルエンザにかかってしまうと本当に重症化しやすいです。

新型などにかかってしまうと早産や流産になる可能性がありますし、高熱が出てそれが長引くと胎児の健康に影響が出てしまう場合もあるのです。感染が分かれば早めに薬を飲むなどして対処していく事が大切です。
母子共に健康である状態を保つ事が、妊娠中の生活では重要です。元気に見えても体そのものは抵抗力などが落ちていますので、日々の食事などにも気をつけて予防をしていきましょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索