妊娠中の病気やそれに伴う治療はお腹の赤ちゃんにも影響が出ることもあります。もしも妊娠中にインフルエンザに感染してしまった場合はどのように治療していくのが適切なのでしょうか?それらについてや予防法、初期症状などについても紹介します。

インフルエンザが流行する前にできる備えとは

考えている女性

インフルエンザは流行る前に備えることが大切です。インフルエンザの備えにはワクチンの接種や体調管理などが一般的に行なわれる予防方法ですが、これらの他にもできるだけインフルエンザにかからないような効果的な予防方法があります。
インフルエンザのワクチン接種は、ウイルスが身体に入って来た時に感染しないように阻止するものではなく、インフルエンザにかかってしまった時に重症化しないようにするための予防です。

ワクチン接種をしてもインフルエンザにかかる可能性もありますが、ワクチンを接種すると軽症で回復することができるため、ワクチン接種は流行する前の備えには良い方法です。
インフルエンザの感染経路は、飛沫感染と接触感染があります。飛沫感染は、インフルエンザに感染している人のくしゃみや咳などをすると唾液が飛び散り、飛散したウイルスを吸い込むことで体内にウイルスが入り感染します。

接触感染は、感染した人が手のひらで口などを触ると手にはウイルスが付着し、その手を洗わずにドアノブやつり革などに触れるとウイルスが残り、その部分を触り自分の鼻や口に触れることで感染します。
ワクチン以外の予防方法は、マスクの着用、手洗いの徹底、帰宅後には必ずうがいをすることです。マスクは清潔なものを使用して鼻の上までしっかりと覆うタイプを使用します。

手洗いを徹底するためには、爪は短くして、指の間、手首、手の甲などを石鹸などで丁寧に洗います。洗った後は清潔なタオルなどでふき乾燥させます。体調管理と生活環境でも予防が可能です。
体調管理では、十分な睡眠、規則的な生活、栄養バランスの整った食事などで、生活環境は強いストレスを避け、加湿器や濡れタオルなどで空気を乾燥させないようにして、人ごみなどは極力避けることも必要です。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索