妊娠中の病気やそれに伴う治療はお腹の赤ちゃんにも影響が出ることもあります。もしも妊娠中にインフルエンザに感染してしまった場合はどのように治療していくのが適切なのでしょうか?それらについてや予防法、初期症状などについても紹介します。

更新履歴
妊娠中の女の人

妊婦インフルエンザに要注意

冬の時期になって空気が乾燥するようになると、インフルエンザウイルスに注意が必要になってきます。
インフルエンザは感染症であり、空気感染をしますから、他の人から他の人へ感染する可能性が非常に高いウイルスです。

特に、妊婦や高齢者はインフルエンザにかかってしまうと、妊婦の場合であれば、子供への影響が出る可能性がありますし、高齢者に関しては命の危険性もあるので注意が必要になってきます。妊婦の場合に関していえば、体力が低下しやすく、風邪をはじめとした感染症にかかりやすい状態です。また、すでにお子さんがいる場合には、学校などからインフルエンザをもらってきてしまう可能性がありますから、インフルエンザに感染しやすくなります。

妊婦の中でも、特に妊娠初期の状態では、つわりで体力が低下していて、妊娠中期から妊娠後期に比べると、心肺機能も低下しているので、インフルエンザが重症化しやすいと考えられます。一方、高齢者に関しては、インフルエンザに感染すると若者と比べて、重症化しやすいという特徴があり、さらに合併症を引き起こす可能性があり、最悪の場合、命を落としてしまう危険性もあります。

高齢者が注意するべきインフルエンザの合併症としては、肺炎や気管支炎などの、主に軌道の炎症によるものが多いです。高齢になればなるほど、肺炎で亡くなる確率が高くなります。
もしも、ウイルスに感染してしまったら、このような合併症に移行しないように、なるべく早めに対処する必要があります。

このように妊婦や高齢者は、感染するリスクが高いというだけではなく、重症化する可能性が高いということが言えますから、感染症が流行する季節になる前に予防接種を受けることが大事になってきます。

インフルエンザになる前に予防接種

インフルエンザは毎年流行する感染症としてよく知られているものであり、その予防をしていくということには高い関心が持たれるようになっています。インフルエンザ予防をすることでシーズン中も健康維持ができることが理想とされるものであり、その目的で有効であるといえるのが予防接種です。特に妊娠している方は予防接種を受けたほうが安全です。予防接種を受けることによって、流行が予想されたウイルスが当たっていれば健康維持をしていけると期待することができるからです。

しかし、インフルエンザワクチンの接種を行った際には注意しなければならない点もあります。ワクチンを接種した人の中には腕に違和感を覚えてしまう人もいるからです。違和感の原因は大小の腫れであることが多く、免疫応答が起こっている証拠です。そのため、慌てて医者に行く必要はなく、数日の経過観察を行って様子を見ることが大切です。インフルエンザの予防接種を行っても、それがあまり有効ではないということも稀にあります。そういった場合にはインフルエンザにかからないように手洗いうがいやマスクの着用といった予防策を行っていくことが健康維持のために必要になります。一方、かかってしまったときには速やかにそれを発見して、治療薬を使った治療を行っていくということも大切な考え方です。

初期症状に敏感になるということが重要であり、頭がふらふらとしたり、喉に違和感を感じたりしたら注意が必要だという心構えを持つと良いでしょう。高熱が出るのが特徴であることから、それを確認してからでも医師にかかれば大抵の場合には早期治療を行うことができます。しかし、予防接種を行った場合には熱が上がらないこともしばしばあるため、喉に違和感を感じただけでも念のため医師の診断を仰いだ方が安心です。

妊娠中のインフルエンザにかかってしまったら

妊娠中は胎児への影響もあり、不用意に医薬品を服用する事はできません。実際に服用して良いのは胎児への影響がないという事が明らかになっている薬と、それを服用する方がそれを服用した時のデメリットよりも大きなメリットを得る事ができると判断された場合です。ただ薬自体はあくまでも人間の自己回復力をサポートするものと言う位置づけとなっているので、服用しなくても時間はかかっても回復する事は不可能ではない病気が少なくありません。

例えば、乾燥する時期に感染する可能性が高くなるのがインフルエンザです。通常妊娠していない人の場合はタミフルを処方されて、それを服用する事によって大体5日程度で体内からウィルスをいなくさせる事が可能です。大体1週間もあれば通常の生活に戻す事ができる場合も少なくありません。

しかし妊娠中はタミフルを服用する事は出来ず、熱を下げる為にカロナールを利用する程度しかできない場合も多々あります。だから何日目になると回復する、動く事ができるというのは通常タミフルを利用した時よりも時間がかかってしまう場合が多くなっています。そういう点について良く理解して、できるだけインフルエンザには感染しない様にうがい手洗いをしっかりと行い、外出後や同じ室内で誰かがくしゃみや咳をした場合は顔も洗う様にすると良いでしょう。

基本的に、インフルエンザの高熱が出るのは何日目までかというと、大体2日目くらいまでとなっています。病院によってはその間はカロナールを処方してもらえる場合もあります。ただ発熱と言うのは体内にあるウイルスを退治する為にも必要なので、妊娠中の場合は何日目までには回復しなければいけないという事を考えずに、できるだけ体を休めて自己回復力を高める様にしましょう。

記事一覧

現在、社会衛生が確立され感染症の恐怖から人類は解放されつつありますが、その一方インフルエンザのみはし...

インフルエンザはシーズンになると全国各地で同時に流行することに特徴があり、集団感染なども起こってしば...

薬

毎年冬になると大流行するのがインフルエンザです。12月後半になると各都道府県に注意報や警報が出るよう...

考えている女性

インフルエンザは流行る前に備えることが大切です。インフルエンザの備えにはワクチンの接種や体調管理など...

カプセル

インフルエンザに感染してしまった際、治療のためにひとまず市販薬を飲んで対応しようとする人は非常に多い...

妊娠中の女

妊娠は喜ばしい事ですが、日々の食事や生活などにも気をつけて病気をしないように心がけないといけません。...